カーテンの洗濯方法と片づけ方

カーテンの洗濯方法と片づけ方みなさんは普段カーテンを洗濯していますか?私は全くしたことがありませんでした(笑)

そんなカーテンですが、ほったらかしにしていたらある日汚れがあることに気付いたりしませんでしたか?特に梅雨などのジメジメしている時期なんかはこういったことがあるかと思います。

そんなときは洗濯してしまえばいいのですが、服などは普段洗濯している奥さんでもカーテンの洗濯なんてしたことがないからわからないとお悩みになってしまう方もいるでしょう。

大丈夫ですこれからカーテンの洗濯方法などについてご紹介していきます。


スポンサードリンク

カーテンにも洗い方はある

カーテンの洗い方ですが、その前にまず確認することがあります。それはカーテンに付いている洗濯表示です。

もしも洗濯可能なマークが付いていればこれからご紹介する方法で洗うことが出来ますが、水洗いがNGのマークが付いていた場合はクリーニング店などに洗濯をお願いすることになるでしょう。

それでは洗濯可能なカーテンだと仮定してカーテンの洗い方をご紹介していきます。洗濯表示を確認し、洗濯機で洗えることを確認できたら、洗濯機にカーテンと一緒に漂白剤と洗剤を入れて電源を入れるだけです。「あれ?たったこれだけ?」と思うかもしれませんが、注意点がいくつかあるので気をつけましょう。

まず洗濯機にカーテンを入れる前に屏風畳みという畳み方でカーテンを畳みます。この屏風畳みというのは屏風をイメージするようにジグザグに交互に折りたたむ畳み方です。

その後屏風畳みで畳んだカーテンを洗濯ネットに入れてから洗濯機に入れます。そして、洗濯機で洗うときは比較的水流が弱い手洗いコースなどで洗いましょう。

さらに脱水をするときはあまり時間をかけず短めに行いましょう。これはなぜかと言うとあまり長い時間をかけてしまうとカーテンにシワになりやすくなってしまうからです。

カーテンを洗濯したら干しましょう。と言ってもカーテンレールに吊るしてしまえばOKです。服と違って身にまとう必要がないのでこの方法なら取り込む必要がなくて楽ですね(笑)


スポンサードリンク

次に使いやすいような片づけ方


カーテンの洗濯方法についてはご理解いただけたかと思います。それでは次に片づけ方をご紹介したいと思います。

男性であればあまり気にしないでしょうが、女性なら部屋を模様替えするためにカーテンを新しくすることもあるかと思います。

そのとき雑に以前使ってたカーテンを片づけたらもしまた使うときに汚くなってしまうかもしれませんね。そのため正しい片づけ方をお教えします。

まずはカーテンの洗濯です。洗濯可能なカーテンなら先ほどお伝えしたやり方で洗濯しましょう。洗濯が終わって乾いたら今度は畳みます。

このときの畳み方はヒダ畳みという畳み方です。これはどういう畳み方かというと、ほとんどのカーテンは真っ直ぐピンと張ったものではなくヒダ山が出来ていますよね。

このヒダ山に合わせて折る畳み方をヒダ畳みと言います。片づける場所によってお好みで畳んでください。もしヒダ山のないタイプのカーテンだった場合は普通に畳んでしまってOKです。

畳んだカーテンは大きめのビニール袋に入れましょう。袋に入れないと湿気からカーテンを守れなくなるのでご注意ください。そして、シワにならないように出来るだけカーテンに加重を加えないようにしましょう。

これでカーテンの片づけが完了です。やり方を知らなかっただけで、意外と簡単ですよね!今まで雑な片づけ方をしていた方は参考にしてください。


まとめ

カーテンは洗濯可能なら洗濯機に入れて弱い水流で洗ってしまいましょう。片づける場合には次に使うときを考えて正しい片づけ方を行いましょう。

普段何気なくカーテンを使っていた方は今回ご紹介した方法を試して気持ちよくカーテンを使用していただけたらと思います。

スポンサードリンク

コメントを残す