テレビのホコリを防止する方法と掃除のやり方

テレビのホコリを防止する方法と掃除のやり方毎日掃除しているのにすぐに溜まってしまうテレビのホコリは、いったいどうしたら防ぐことができるのかと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

実はテレビだけではなく、冷蔵庫や電子レンジなどの家電製品はホコリを引き寄せやすい性質を持っているため、いくらこまめに掃除をしたとしても、あっという間にホコリが溜まってしまうため、掃除することが嫌になってしまったという方もたくさんいます。

テレビや冷蔵庫などの家電製品をこまめに掃除してもすぐにホコリが溜まってしまう原因は「静電気」にあります。

静電気は空気中に舞い上げられたホコリを引き寄せる性質があり、テレビや冷蔵庫など常に電気を発している家電製品は静電気が発生しやすいため、すぐにホコリが溜まってしまうのです。

ですが、いくらテレビのホコリを防止するためだからといっても毎回テレビのプラグをコンセントから抜き差しするのは故障の原因にもなりますので、できればテレビに通電した状態でホコリを防ぐ方法を日常生活に取り入れたいものです。

そこで、今回はテレビに通電した状態でホコリを防止することができる3つの方法と掃除方法をご紹介します。


スポンサードリンク

テレビのホコリを予防する方法その1「静電気を発生させる掃除アイテムを活用する」

テレビがホコリまみれになってしまう原因は静電気にあるため、静電気を取り除くための対策をとるのが一般的なホコリ予防に繋がると思っている方も多いと思います。

ですが、テレビを静電気が発生する掃除アイテムを使ってお手入れすることで、テレビから発せられる静電気を除去しながらホコリを取り去ることが可能となります。

ただ、テレビの画面はとてもデリケートなので、画面を傷付けることなく静電気とホコリを取り除くことができる先端が刷毛になっているペンタイプのものを使うのがオススメです。


テレビのホコリを予防する方法その2「柔軟剤を使ってテレビ周辺を拭き掃除する」


テレビのホコリを予防するためにはテレビ周辺にホコリが溜まらないようにすることも大切です。

特にテレビ台はテレビにホコリが溜まる原因の1つとなりますので、テレビ台にホコリを溜めないように対策をとる必要があります。テレビ台にホコリが溜まらないようにするためには、静電気を抑える効果を持つ洗濯用柔軟剤を使って拭き掃除をするのが1番です。

では、柔軟剤を使ったテレビ台の掃除方法をご紹介しましょう。

【手順】
1.バケツに水を入れて柔軟剤を6滴ほど垂らします。
※柔軟剤はおよそ5倍に希釈して使うのが理想です。

2.拭き掃除専用の柔らかい布巾を1へ入れ、2分ほど待ちます

3.2分後、布巾を固く絞ったら、テレビ台をサッと拭いたら完了です。

柔軟剤の種類は特に指定はありませんが、アロマ効果のあるものを利用すると良い香りがするのでオススメです。


スポンサードリンク

テレビのホコリを予防する方法その3「湿度の管理を徹底する」

静電気は湿度が低いと発生しやすいと言われています。そのため、テレビが設置されている室内の湿度を管理することで静電気の発生を食い止め、テレビにホコリが溜まるのを防ぐことができます。

静電気の発生を防ぐためには、夏ならば湿度55%から65%、冬ならば45%から60%が理想とされています。特に冬場は空気が乾燥しやすいので加湿器や濡れタオルを利用して室内の乾燥を防ぎましょう。

エアコンを使って室内を温めてしまうと乾燥してしまうため要注意です。


まとめ

テレビにホコリが溜まってしまう主な原因は静電気によるものですので、

・静電気を取り除く掃除アイテムを使って掃除する
・テレビ周辺にホコリを溜めないように柔軟剤で拭き掃除をする
・室内の湿度を徹底管理する

ことで静電気を防いでホコリが溜まるのを予防することができます。

近々テレビ周辺を掃除するという方は、この機会にこれら3つの方法を試してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。