空気清浄機の効果的な使い方とは?オススメの置き方と置き場所を考えよう!

空気清浄機の効果的な使い方とは?オススメの置き方と置き場所を考えよう!花粉やハウスダスト、インフルエンザにPM2.5など、空気中を漂っている健康と美容に悪影響を及ぼす危険な物質をキレイに取り除いてくれる「空気清浄機」を日常的に使用している方も大勢いますが、なかには「空気清浄機の効果が全く分からない」という方も多々います。

実は空気清浄機は置き方や置き場所によって、より高い効果が得られたり、思うような効果が得られないことがあります。

そこで、今回は空気清浄機の効果を100%得るためのおすすめの置き方と置き場所をご紹介します。


スポンサードリンク

部屋の隅ではなく、広い場所に置く

空気清浄機を邪魔にならない部屋の隅や家具の隙間に置いている方も多いと思いますが、これでは空気清浄機の機能を最大限引き出すことができません。部屋の隅や家具の隙間は空気が停滞しやすい場所ですので、このような場所に空気清浄機を置いてしまうと、室内の空気を十分に循環させることができず、効果も半減してしまいます。

空気清浄機を邪魔者扱いせず、部屋の広いスペースに置いて空気を循環してもらいましょう。ただし、部屋の中央に置いてしまうと室内の空気を循環させにくくなってしまいますので、空気の循環が行える広いスペースに置くのがポイントです。


吸気口の位置によって置く場所を選ぶ

空気清浄機はエアコンよりも吸気能力の低いので、空気清浄機の吸気口に合わせて置き場所を選ぶのがポイントです。

現在お使いの空気清浄機の吸気口が上を向いているのであれば、窓から離れた場所に置き、吸気口が背面にあるのならば、家具や壁から離れた場所に置くのが効果的です。空気清浄機が空気をたっぷり吸いこめる場所を見極めて置くようにしましょう。


部屋の出入り口付近に置くのがベスト

花粉やハウスダストなどのホコリはフワフワと空気中を漂っており、ゆっくりと時間をかけて落ちてきます。空気清浄機は空気中のホコリを吸い込むことはできるのですが、床に落ちてしまったホコリは吸い込むことができません。

空気中を漂う花粉やハウスダストなどのホコリを空気清浄機に吸い込んでもらうためには、頻繁に人が出入りする部屋の出入り口に設置するのがオススメです。


スポンサードリンク

エアコンやサーキュレーターを併用して使う


空気清浄機に汚れた空気をたっぷり吸い込んでもらうためには、空気を循環させてホコリなどを空気中に漂わせる必要があります。

しかし、空気清浄機だけでは広い部屋の空気を強力に循環させるほどのパワーがありませんので、エアコンやサーキュレーターなどを使って、室内の空気を循環させることで、室内の汚れた空気を効率良く吸い込むことができるようになります。

ただ、サーキュレーターを使って空気清浄機に汚い空気を吸い込ませる場合はサーキュレーターと反対側の対角線上に設置するのが良いとされていますが、エアコンの場合は冷房時と暖房時では送風の向きが変化しますので、夏と冬では空気清浄機の設置場所が異なります。

・送風が上向きとなる冷房時の場合:空気清浄機はエアコンの真下に置く

・送風が下向きとなる暖房時の場合:エアコンの反対側に置く


花粉やインフルエンザ予防で使う場合の置き場所

花粉やインフルエンザ予防に空気清浄機を活用する場合、花粉やインフルエンザウイルスが家に侵入してくる場所に設置するのが良いとされています。花粉やインフルエンザウイルスの主な侵入場所は「玄関」・「窓」・「衣類」の3か所になりますので、玄関と窓際に設置するのがオススメです。

ただ、花粉は重力の影響を受けやすい物質ですので、落下速度も速く空気清浄機が吸い込む前に床に落ちてしまうことも多々あります。

ですので、花粉を家から排除するためには空気中の花粉は空気清浄機に吸い込んでもらい、床に落ちてしまった花粉は掃除機に吸い取ってもらう、もしくはサーキュレーターで床に落ちた花粉を舞い上げて空気清浄機に吸い込んでもらうのがオススメです。


まとめ

空気清浄機を効果的に使うためには置き方や置き場所も大切ですが、

・こまめなフィルターのお掃除と交換
・24時間稼働させる

この2点が最も重要になります。

空気清浄機は汚れた空気を吸い込めば吸い込むほどフィルターが汚れてゆき、知らずにそのまま使い続けてしまうと、十分な効果を得ることができなくなってしまいます。

また、電気代を気にして空気清浄機をこまめに消したり付けたりしている方も多いですが、空気清浄機は吸気力が弱く、空気をキレイにするまでにとても時間がかかってしまいますので、基本的には24時間つけっぱなしにするのが正しい使い方となります。

空気清浄機の電気代はメーカーや機種によって異なりますが、1ヶ月間24時間フル稼働させたとしても1ヶ月の電気代は200円ほどですので、それほど大きな負担にはなりません。

空気清浄機をこれから購入される予定の方やお使いの空気清浄機の効果が全く実感できていない方は、この機会に空気清浄機の置き方や置き場所、使い方を見直してみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。