ダニの駆除をして快適なマットレス生活を

ダニの駆除をして快適なマットレス生活を日本では、季節の変わり目になると梅雨や秋雨といった長雨の日が続くため、なかなか乾かない室内干しの洗濯物から生乾きのイヤな臭いが漂ってきたり、室内に溜まった湿気によって家具や床、壁紙などがベタベタしたり、クローゼットや下駄箱などの風通しの悪い場所にカビが発生したりと、お家の中の至るところで、様々な問題が発生します。

そのため、少しでも湿気による被害を減らすために、除湿機や扇風機、サーキュレーターなどを用意して湿気対策を行っている方も多いのではありませんか。

しかし、こうした長雨の続く梅雨や秋雨の時期では、湿気対策の他にもう1つ注意しなければならないことがあります。それは、「ダニ」です。

ダニは、温度15℃~35℃、湿度50%以上の環境を好み、温度25℃~30℃・湿度65%~85%になると爆発的に増殖を始めます。ダニが増殖すると、アトピー性皮膚炎・喘息・鼻炎・アレルギー性湿疹などを引き起こす原因となります。

そこで、今回は梅雨の時期に増えるダニの駆除方法についてご紹介します。


スポンサードリンク

マットレスはダニの宝庫!?

梅雨になると爆発的に増えるダニですが、実は私たち人間と同じように、いくら快適な住処があったとしても“食べ物”が無ければ、数を増やすことができません。

現在、地球上にはおよそ4万種のダニが生息していると言われています。そのなかでお家のなかで人間と共に暮らしているダニの種類は100種類ほど確認されています。お家のなかで暮らしているダニのなかには、人や動物を刺すものもいますが、大半のダニが人や動物に危害を加えないチリダニ類です。

しかし、チリダニ類の死骸やフンなどを人間や動物が吸い込んでしまうと、アトピー性皮膚炎や喘息、アレルギー疾患などを引き起こす原因となるため、非常に厄介な存在でもあります。

ただ、チリダニ類は“生きているあいだ”は、人間や動物に悪さをすることが無いため、チリダニ類の増殖を抑えながら、彼らの死骸やフンをこまめに取り除いてゆくことで、様々なアレルギー疾患を防ぐことができます。

チリダニ類の増殖を抑えるためには、まず彼らの生態を知ることが大切です。

チリダニ類の生態

特にマットレスは、布団やカーペットなどとは違い、こまめに干したり、丸洗いしたりすることができないため、ダニが繁殖しやすい環境と言えるでしょう。


スポンサードリンク

マットレスからダニを駆除する方法

マットレスからダニを駆除するためには、

①マットレスからダニを駆除(退治)する
②アレルギーの原因となるダニの死骸やフンなどを取り除く
③ダニの増殖を防ぐための対策を行う

この3ステップでマットレスのお手入れをしてゆきます。では、さっそくマットレスからダニを駆除するための手順をご紹介します。

ステップ1:マットレスからダニを駆除(退治)する。

まずは、マットレスから生きているダニを駆除しましょう。

実は、大半のダニが温度50℃~60℃を致死温度としており、高温で温められることで死滅させることが可能となっています。そのため、マットレスを丸洗いしてから高温で中までしっかりと乾かしてくれる宅配クリーニングや熱々のお湯を繊維の奥まで染み込ませることができる熱湯処理は、効率良くダニを駆除することができます。

ただ、宅配クリーニングの業者さんによっては、費用が高かったり、マットレスを受け付けていない場合もあります。また、60℃以上のお湯をマットレスに掛けてしまうと、素材に大きなダメージを与えてしまい、寝具としての使用感が低下してしまう恐れがあります。

そこで、誰でも簡単にできるダニ駆除方法として、

・3日間連続で朝晩2回布団乾燥機による熱処理を行う
・洗濯絵表示を確認後、当て布をしてからアイロンのスチームを「強」にして数秒噴射し、天日干しをする

このどちらかの方法を用いるのがオススメです。

ステップ2:アレルギーの原因となるダニの死骸やフンなどを取り除く

マットレスからダニを駆除したら、今度はダニの死骸やフンなどを掃除機で取り除いてゆきましょう。

もし、お家にレイコップなどの布団クリーナーがあるのであれば、そちらを使って吸い取るのもオススメです。

ステップ3:ダニの増殖を防ぐための対策を行う

掃除機や布団クリーナーでアレルギーの原因となるダニの死骸やフンなどを取り除いたら、再びダニが増殖をしないように、事前の対策を取っておきましょう。

ダニの増殖を防ぐ主な方法として、

・防ダニシーツの使用
・こまめなお手入れ
・換気をしっかり行う

などが挙げられます。


まとめ

ダニの駆除をして快適なマットレス生活を送るためのポイントをご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか。

ダニは驚異的な繁殖力の持ち主ですので、どれだけお家のなかをキレイに掃除したり、マットレスや布団を清潔に保ったとしても、完全に駆除することはできません。そのため、いかにダニによる健康への影響を抑えることができるのかがポイントとなります。

梅雨のあいだも快適なマットレス生活を送れるように、事前にダニへの対策をしっかりと行っておきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。