便器に黒ずみ!原因と落とし方について

便器に黒ずみ!原因と落とし方について「トイレをキレイに保つと金運や健康運がアップする」「トイレを掃除すると人間関係や自律心が向上する」とよく言いますが、さすがに毎日トイレ掃除をするのは面倒だと思っている男性も多いのではないでしょうか。

しかし、トイレ掃除を毎日行わないと便器の水が溜まっている部分に黒ずみが発生し、トイレの見栄えや衛生環境を悪化させる原因となります。

便器の黒ずみ汚れは、別名「サボったリング」と呼ばれており、毎日トイレ掃除をしているお宅には姿を現すことはありません。しかし、黒ずみ汚れは便器のふち裏や便座の裏にも発生するため、便器の表面部分だけではなく、便器の隅々までキレイに掃除しなければ、黒ずみ汚れを防ぐことはできません。

そこで、今回は便器の黒ずみ汚れの原因と、もしも黒ずみ汚れが発生してしまった場合の落とし方についてご紹介します。


スポンサードリンク

黒ずみの原因

便器内の黒ずみ汚れの主な原因は、トイレを掃除せずに放置したことで、空気中を漂っているカビが便器内に住みついている細菌や蓄積されたホコリと合わさることです。

そのため、便器内の水が溜まっているところだけではなく、トイレタンク内に発生したカビや汚れも黒ずみ汚れの原因となりうる可能性もあります。

カビが細菌やホコリと合わさったばかりであれば、市販のトイレ用洗剤を使って汚れを落とすことは可能ですが、この汚れに水垢汚れが合わさってしまうと、ちょっとやそっとでは落とすことができない非常に頑固な黒ずみ汚れへと変化してしまいますので、黒ずみ汚れを発見したら直ぐに掃除をするようにしましょう。

ですが、便器に黒ずみが発生してしまう原因はカビと水垢だけとは限りません。

水道水に鉄分が多く含まれている場合、水垢汚れが鉄分と合わさって酸化し、黒ずみを発生させていることもあります。

ただ、黒ずみを発生させる原因は違えど、どちらも毎日トイレを掃除することで防ぐことができる汚れには間違いありません。


スポンサードリンク

黒ずみの落とし方


トイレ用中性洗剤を使って落とす

まだ黒ずみ汚れが発生してから日が経っていない場合、トイレ用の中性洗剤とブラシを使ってこすり落とすことが可能です。黒ずみ汚れを発見したら直ぐにトイレ掃除を始めましょう。

トイレ用酸性洗剤を塗布して落とす

黒ずみが発生して少し日が経ってしまった場合、尿石や水垢、カルキ汚れを落とすことに向いている酸性洗剤を塗布して落とすのが良いでしょう。

まず、便器内に溜まっている水をキレイに抜き取り、便器内の水気をしっかりと拭き取ります。便器表面にトイレットペーパーを敷いてトイレ用酸性洗剤をまんべんなくかけてゆきます。数分ほど置いてからトイレブラシで黒ずみ汚れを擦り落としてください。

ただし、

・各トイレメーカーでは便器の掃除に業務用の強酸性洗剤を使用することを禁止している
・耐酸性の無いトイレにはこの方法を用いることができない

といった注意点がありますので、この方法で黒ずみを落としたい方は事前にトイレの素材を調べておきましょう。

研磨剤を含むトイレクレンザーで落とす

黒ずみを長期間放置してしまった場合、ただ擦り洗いをするだけでは汚れを落とすことはできません。そこで、界面活性剤に研磨剤を含むトイレクレンザーを用いて掃除しましょう。

ただし、研磨剤によって陶器表面が傷付いてしまう恐れがありますので使用の際は十分に注意してください。

なお、各トイレメーカーでは研磨剤を含むトイレクレンザーの使用を禁止していますので、何かトラブルが生じたとしても全て自己責任となります。

トイレ用塩素系洗剤で落とす

便器の黒ずみ汚れの原因が「カビ」で生じている場合、除菌と漂白効果を期待することができるトイレ用塩素系洗剤を使うのがおすすめです。

特に「ドメスト」や「除菌洗浄トイレハイター」などのアルカリ性の塩素系洗剤はカビが原因で生じた黒ずみ汚れを落とすことに向いている洗剤ですので、なかなか落ちない頑固な黒ずみ汚れを落としたいときは、まずこの方法を試すのが良いでしょう。

ただし、塩素系洗剤と酸性洗剤を一緒に使用してしまうと、人体に悪影響を及ぼす危険なガスが発生しますので、絶対に一緒に使用しないようにしてください。

重曹とクエン酸で落とす

強力な洗剤を使わずに黒ずみを落としたいときは、弱アルカリ性の重曹と酸性のクエン酸を使って落としてゆきましょう。

まず、便器内全体に粉末状の重曹をまんべんなく振りかけてゆきます。次にクエン酸を便器内に溜まった水のなかに適量入れて溶かしてください。

ブラシを使ってクエン酸水と重曹がしっかりと混ざり合うように擦り洗いします。このとき発砲して炭酸ガスが発生しますが、人体に影響はありません。ただ、臭いが強烈なので換気をしっかりと行っておきましょう。


まとめ

便器に発生した黒ずみ汚れの原因と落とし方についてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

今回ご紹介させて頂いた落とし方を試しても全く汚れが落ちなかったという方は、便器のクリーニングサービスを有償で請け負っている専門業者さんを頼ることをおすすめします。

黒ずみを発生させないためには、こまめにトイレ掃除を行うことが最も大切なことですが、トイレタンク内のカビや汚れも黒ずみ汚れの原因となるため、1ヶ月に1度のペースで重曹を使ってトイレタンク内の洗浄もしてゆきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。