冷凍庫の霜を除去する方法と中身を掃除する方法

冷凍庫の霜を除去する方法と中身を掃除する方法冷凍庫に霜が付いて鍾乳洞のような状態になっているとお困りの方も多いのではないでしょうか。

冷凍庫に大量の霜が付いてしまうと、

・冷却能力の低下
・電気代の増加
・冷凍庫内の環境悪化
・霜取り作業の負担増加

など、様々なデメリットを引き起こす原因となるため、冷凍庫内に霜が付き始めたなと感じたらすぐに掃除を始めるのがポイントです。

しかし、冷凍庫の霜を取り除く前にまずは“なぜ霜が付いてしまったのか”を知る必要があります。

そこで、今回は冷凍庫に霜が付いてしまう原因と霜を除去する方法、そして冷凍庫内を衛生的に保つ方法についてご紹介します。


スポンサードリンク

冷凍庫に霜が付く原因

冷凍庫のドアが半分開いている

冷凍庫に霜が付いてしまう主な理由は、冷凍庫内と外の大きな温度差によって結露(水分)が生じ、この水分が冷凍庫内の温度によって冷やされたことが原因であるため、冷凍庫の扉を長時間開きっぱなしにしていたり、しっかりと冷凍庫のドアを閉じずに半ドア状態にしていると、外から暖かい空気が冷凍庫内へと入り込み、霜が発生してしまいます。

パッキン部分に汚れや変形がみられる

パッキンが汚れてしまうと、冷凍庫にぴったりと密着することができなくなるため外から暖かい空気か入り込んでしまい霜が発生する可能性があります。

また、パッキンが波打つなどの変形や外れかかっている場合も外から暖かい空気が入り込んでしまう恐れがありますので、汚れや変形などがみられる場合は速やかに対処しましょう。

保存する食品が温かいうちに冷凍庫へ入れてしまった

冷凍保存する目的で手作りした食品を温かいうちに冷凍庫へ入れてしまうと、保存した食品自体の温度によって水蒸気が発生し、冷凍庫内に霜を付けてしまう原因となります。

よく「密閉容器や密閉袋に入れているから霜は付かない」とお考えの方も多いですが、たとえ密閉容器などに入れていたとしても、食品の熱が密閉容器の外側へと伝わり、冷凍庫内の温度を上げてしまいます。

冷凍保存したい食品は必ず常温に冷ましてから冷凍庫に入れるようにしましょう。

冷凍庫内がパンパン

冷凍庫内に食品や食材などを詰め込み過ぎると霜が付く原因となります。冷凍庫内に食品や食材などをパンパンに詰め込んでしまうと、冷気の循環が悪くなり、冷凍庫内の温度が急激に上昇してしまいます。

その結果、発生した空気中の水分が冷気によって冷やされ、冷気の吹き出し口を中心に霜が付いてしまい、保存している食品や食材が溶けたり、電気代が高くなるなどのデメリットを引き起こします。

他にも、排水口から温かい空気が入り込んでいる、気圧調整弁の不具合・故障によって外気が侵入しているなどが考えられます。


スポンサードリンク

冷凍庫内の霜を取り除く方法


冷凍庫内に霜が付いてしまった場合、霜をキレイサッパリ取り除くことができれば、冷却能力の低下や電気代の増加、冷凍庫内の環境悪化などを解消することができます。

また、最近では冷凍庫に「霜取りモード」という便利な機能が付いた冷蔵庫も販売されておりますので、霜が付き始めたら霜取りモードを利用して冷凍庫内の温度を上昇させ、霜が溶けてきたらヘラやタオルなどを使ってどんどん霜を剥がしてゆきましょう。

もし、霜取りモードが無い冷蔵庫の場合は電源を切ることで霜取りを行うことができます。

では、冷凍庫内の霜を取り除く手順をご紹介します。

冷凍庫内の霜を除去する方法

[手順]
①冷蔵庫の下に新聞紙、周辺にタオルを敷いておきます。
②冷凍・冷蔵庫の中から食品や食材などを全て取り出し、中身を空っぽにします。
③冷蔵庫の霜取りモードまたは電源を切ります。
④全てのドアを開けてしばらく放置してください。
⑤霜が溶け始めてきたらヘラやタオルなどを使って霜を丁寧に剥がしたら完了です。

[注意点]
・霜を除去する際、冷蔵庫から大量の水滴が出てきますので必ず新聞紙やタオルを敷いてから取り組みましょう。

・冷蔵・冷凍庫内から取り出した食品や食材はクーラーボックスなどに入れて大切に保管してください。

・霜を剥がす際は冷凍庫内を傷付けないよう、優しく丁寧に剥がしてゆきましょう。

また、最近SNSや情報サイトなどでは、ドライヤーを使って冷凍庫の霜を除去する方法が紹介されていることが多々ありますが、ドライヤーを使用した霜取りは製造・販売側から推奨されている方法ではないため、絶対に手を出さないようにしましょう。


冷凍庫内を衛生的に保つ方法

冷凍庫から霜をキレイに取り去ったら、クーラーボックスなどに保管していた食品や食材をすぐに戻したくなる方も多いと思いますが、せっかく霜も取れてキレイになったのですから、ここは細菌やカビの繁殖を防ぐために冷凍庫内の掃除も合わせて行いましょう。

冷凍庫内の掃除方法

[必要なもの]
・キッチン専用の除菌アルコールスプレー
・食器用洗剤
・キッチンペーパー
・柔らかいスポンジ
・綿棒

[手順]
①冷蔵庫の電源を抜きます。

②冷蔵・冷凍庫内から食品や食材を取り出し、保冷剤と一緒にクーラーボックスに入れて保管します。

③霜が溶け始めたらヘラやタオルなどを使ってゆっくり丁寧に剥がしてゆきます。

④全ての霜を剥がし終えたら、キッチンペーパーなどを使って中の水分をしっかり拭き取ります。
※頑固な汚れを発見したら食器用洗剤とスポンジを使って落としてください。

⑤キッチンペーパーに除菌アルコールスプレーを吹き付け、庫内を隅々まで丁寧に拭いてゆきます。
※アルコールはすぐに乾きますので、2度拭きしなくても問題ありません。

⑥冷凍庫のパッキン部分や取っ手の汚れをキッチンペーパーや綿棒など使って落としてゆきます。

⑦クーラーボックスに保管しておいた食品や食材を冷凍庫内へ移したらお手入れ完了です。

冷凍庫内の掃除が完了し、取り出していた中身を元の状態に戻す場合、詰め過ぎて冷凍庫の冷却効率が悪化しないよう、一目で何が入っているのかが確認できる密閉容器や冷凍した日付が記入できる密閉袋を利用したり、雑多になりやすい冷凍食品はブックエンドで立てて置くなどキレイに整頓しながら冷凍庫内に詰めてゆき、冷気の循環効率を改善し、底に溜まった汚れを見逃さずに掃除できるよう、冷凍庫内を衛生的に保てるよう工夫しましょう。


まとめ

冷凍庫の霜を除去する方法と中身を掃除する方法についてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

冷凍庫内の掃除は3ヶ月に1度のペースで掃除することで、冷気の循環環境を良好にしたり、霜が付くのを防いだり、庫内の衛生環境を保つことができます。

冷蔵庫を購入してから1度も冷凍庫内の整理整頓や霜取りを行ったことが無いという方は、この機会に冷凍庫の掃除を行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。