水垢が溜まりやすいシャワーヘッドの掃除方法

水垢が溜まりやすいシャワーヘッドの掃除方法働く女性にとって、1日の疲れを癒してくれるお風呂はまさに楽園ですよね。

最近ではお肌に優しいボタニカル系のソープやアロマ効果が得られる入浴剤など、心と体の健康を維持するためのバスアイテムが続々と誕生しており、お風呂に強いこだわりを持つ女性も増えてきています。

なかでも多くの女性たちから注目を集めているのが、「シャワーヘッド」です。

最近のシャワーヘッドは美容効果の高いものや塩素除去が可能なものなど、様々な効果や効能、機能が備わっているものが続々と誕生しており、ライフスタイルに合わせてシャワーヘッドを付け替える女性が増えています。

そんな女性たちのあいだで話題となっているシャワーヘッドですが、なんと定期的にお手入れしないとカビや雑菌が繁殖して肺MAC症やレジオネラ菌による肺疾患などを発症する危険性があることが明らかにされており、特に乳幼児や高齢者、何かしらの持病をお持ちの方はこまめにシャワーヘッドの掃除をするよう呼びかけています。


スポンサードリンク

シャワーヘッドの汚れは何が原因?

シャワーヘッドが汚れてしまう原因は、

・水に含まれるミネラル成分が結晶化した水垢によるもの
・カビや雑菌が繁殖するのに適した構造をしている

などが考えられます。

お風呂場の天井や壁、ゴムパッキンなどに発生したカビや鏡の水垢などは目につきやすいため、こまめに掃除することができますが、シャワーヘッドの場合、内部や隙間部分にカビや雑菌が繁殖したり、水垢が付着するため、意識していないとお風呂掃除の際につい掃除し忘れてしまいます。

ですが、シャワーヘッドはお風呂場のなかでもトップクラスのカビや雑菌が発生しやすく、水垢が溜まりやすい場所でもありますので、定期的に掃除する必要があります。


スポンサードリンク

シャワーヘッドの掃除方法


重曹とお酢を使って掃除する場合

【材料】
・お酢 (クエン酸でも可能):100cc
・重曹:大さじ2杯
・お湯:1リットル
・バケツ:1つ
・柔らかいスポンジ:1つ
・使い古しの柔らかい歯ブラシ

【掃除方法】
①バケツにお酢と重曹を入れ、40℃から50℃に温めたお湯を注いでゆきます。

②しっかり混ぜ合わせた①に取り外したシャワーヘッドを漬け込みます。

③数時間後、柔らかいスポンジを使って優しく擦り洗いをします。穴の開いている部分や隙間部分は使い古しの柔らかい歯ブラシを使ってこすり洗いをしてください。

④シャワーヘッドを軽く流し、シャワーに取り付けたらシャワーを出して穴に詰まった重曹や汚れを取り除いて完了です。

【注意点】
塩素系の洗剤と混ぜて使用してしまうと有毒ガスが発生しますので絶対に混ぜないでください。

カビ取り剤を使って掃除する場合

【材料】
・ジッパー付きの保存袋:1枚
・カビ取り剤:1本

【掃除方法】

①シャワーヘッドを取り外してジッパー付きの保存袋へ入れます。

②シャワーヘッド全体が浸かる量の水を①に入れます。

③カビ取り剤を5回プッシュします。

④一晩寝かせ、水でしっかり洗い流せば完了です。

【注意点】
しっかり洗い流さないと取り付けた際、強烈な臭いと汚れが出てきてしまいますので、必ず30分以上かけてしっかり汚れを洗い流してください。


まとめ

いかがでしたか。

シャワーヘッドにカビや雑菌、水垢が溜まらないようにするためには、

・換気を徹底する
・最低でも3ヶ月に1度のペースで掃除する

など、カビや雑菌が繁殖しにくく、水垢が溜まりにくい環境を維持することが大切です。

1日の疲れを癒してくれるお風呂で病気にならないよう、定期的にお風呂場の掃除とシャワーヘッドの掃除を行うよう心掛けましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。