浴室にある鏡の曇りが気になる場合の対処法と曇りを止める方法

浴室にある鏡の曇りが気になる場合の対処法と曇りを止める方法1日の疲れを癒してくれるバスタイムは、老若男女問わず至福の時間ですよね。そのため、キッチンやトイレ、お部屋を掃除するときよりも、浴室掃除の方が力を入れているという方も多いのではないでしょうか。

ですが、いくら力を入れて浴室掃除をしていてもなかなかキレイにならない場所があります。

それは「鏡」です。

鏡は熱伝導率の低いガラスで作られているため、周囲の温度よりも常に鏡の温度の方が低くなっています。

そのため、空気中の湿った空気が鏡の表面で冷やされると水滴となって鏡の表面に付着し、曇りを発生させてしまうのです。

特に浴室は湯船やシャワーなど水蒸気が発生しやすく、微細な水滴が鏡の表面に付着しやすいうえ、皮脂汚れやシャンプー・リンスなどの石鹸カス、水に含まれる金属成分などが原因で起こる水垢などの汚れも付着しやすいため、こうした汚れを落としつつ、曇り対策を行う必要があります。

そこで、今回は浴室にある鏡の曇りが気になる場合の対処法と曇りを止める方法についてまとめてみました。


スポンサードリンク

曇りが気になる場合の対処法

浴室にある鏡が白く曇って見える場合、浴室内の水蒸気に含まれる微細な水滴が鏡の表面に付着し、光を乱反射さることで白く曇って見えている可能性があります。

この場合は鏡にお湯を掛けることで微細な水滴が一瞬大きな水膜へと変化するため、曇りを解消することができるのですが、鏡の表面に皮脂や石鹸カス、水垢などの汚れが付着している場合、お湯をかけても曇りを取り去ることはできません。

そこで、まずは鏡の表面に付着している皮脂や石鹸カス、水垢などの汚れを重曹やクエン酸、お酢などを使って落とし、シャンプーやリンス、ボディーソープ、薄めた石鹸などを鏡に薄く塗ってゆきます。

ですが、ただシャンプーやリンスなどの石鹸を鏡に塗れば良いというわけではありません。

[手順]
①シャンプーやリンスをほんの少し手に取ります。
※ボディーソープを使用する場合、1滴ほどでOKです。

②少し水をつけて手のひらで泡立てます。

③泡立てたら鏡に薄く塗ってゆきましょう。
※塗る量はほんの少しで大丈夫です。

④仕上げに上からサッと水を掛けたら完了です。
※泡を完全に洗い流してしまうと効果が無くなってしまいますので、泡が少し残る程度に流すようにしてください。

「石鹸が原因で鏡が汚れたのに直接塗ったら、より曇りを悪化させてしまうのでは?」と思われた方も多いと思いますが、水分は油分と相性が非常に悪いため、油分を含むシャンプーやリンス、ボディーソープなどを鏡に直接塗布することで微細な水滴が鏡の表面に付着するのを防ぐことができるのです。

もちろん、シャンプーやリンス、ボディーソープなどの石鹸を鏡に塗りっぱなしにしてしまうと汚れの原因となりますので、入浴後はしっかりと鏡を洗い流してから出るようにしましょう。


スポンサードリンク

浴室の鏡が曇ってしまうのを止める方法


シャンプーやリンス、ボディーソープを使って鏡の曇りを解消する方法は、あくまで一時しのぎであり、完璧に曇りを防ぐことはできません。

「では、完璧に鏡の曇りを防ぐことはできないのか」と諦めている方も多いと思いますが、なんと1度塗れば最長2年は何もしなくても浴室の鏡を曇らせないという驚くべきアイテムを発見しました。

それは「レック 塗りやすいくもり止め リキッド」です。

レック 塗りやすいくもり止め リキッドの使い方はとっても簡単で、汚れを落としてキレイになった浴室の鏡に直接塗布するだけです。

普段であればシャワーのお湯を数秒当てただけで曇ってしまう鏡もレックのくもり止めを塗ることによって、鏡が濡れているあいだ鏡が曇るのを防いでくれます。

取扱説明文には「お風呂10回分」と記されておりますが、amazonや楽天市場などのクチコミには「10回以上持つ」というコメントが多く寄せられており、なかには2年間鏡が曇ることが無かったという驚くべき意見も寄せられています。

ただ、レック 塗りやすいくもり止め リキッドは濡れているあいだはくもり止めの効果を発揮してくれるのですが、濡れていないと効果が実感できないため、人によっては不便だと感じる方もいます。

そんなときはリキッドタイプではなく、スプレータイプの曇り止めを利用されるのがオススメです。


まとめ

いかがでしたか。

浴室の鏡を曇らせない方法として、シャンプーやリンス、ボディーソープ、薄めた石鹸の他に、男性がお髭を剃る際に使用するシェービングフォームや芽が出てしまって使えなくなってしまったジャガイモなども鏡の曇り止めとして活用することができますので、「何だか最近鏡が曇ってきたな」と感じたら、こうしたアイテムを活用し、近いうちにレック 塗りやすいくもり止め リキッドなどの本格的な鏡の曇り止め対策アイテムを購入されることをオススメします。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。