かさむコートの収納方法とその場所とは?

かさむコートの収納方法とその場所とは?立春を迎えると、ビュービューと吹き荒れていた冷たい風が落ち着きを取り戻し、おだやかで温かな風とポカポカと温かい日差しが差し込む日々が続くようになります。

こうした温かい日が連日続くと、『そろそろ衣替えシーズンかな』と思い、この秋冬お世話になった分厚いトレーナーやモコモコのセーターと押入れやタンスにしまっていた春夏ものを徐々に入れ替える方も多いのではないでしょうか。

しかし、例年と比べて寒い日が多かったせいか、いつもよりも秋冬物が多くなってしまい、全てをしまうことができない状態となっている方も少なくありません。特に寒さを凌ぐための防寒アイテム「コート」は、他の秋冬物と比べて収納スペースを広く必要とするため、新たにコートを購入してしまった方は衣替えに苦労することとなります。

ですが、こうした収納スペースを占拠してしまうコートなどは、収納する場所や収納方法を少し工夫するだけで、スッキリとコンパクトに収納することができます。

そこで、今回はかさむコートをスッキリとコンパクトに衣替えすることができる賢い収納方法とその場所をご紹介します。


スポンサードリンク

コートを収納するオススメの場所

コートを収納する主な方法は、

・吊るしてクローゼットで収納する
・畳んで衣装ケースやタンスに入れて収納する

この2つに分けられますが、来シーズンまで大切にコートを収納したいという方は、コートの「素材」によって、吊るして収納するか、畳んで収納するかを決めるようにしましょう。

吊るして収納した方が良いコートの種類

レザーコートやウール素材のコート、ファー付きコートなど、畳んでシワになりやすいコート

畳んで収納した方が良いコートの種類

厚手の生地で作られたコートやダウンジャケットなど、畳んでもシワが付かないものやシワが付いてもさほど気にならないコート

コートの素材によって適した収納場所が異なりますので、衣替えをする前にコートの内側に取り付けられているタグを確認し、吊るして収納すべきか、畳んで収納すべきかを事前に調べておくと、スムーズに衣替えを進めることができます。


スポンサードリンク

賢い収納術


コートの素材ごとに収納方法と場所が決まったら、あとは各々クローゼットや衣装ケース、タンスなどに入れて来シーズンまで保管するだけですが、単にクローゼットや衣装ケースなどで保管するだけでは、スッキリとコンパクトにコートを収納することはできません。

特に子どもの多いご家庭やオシャレが大好きなファッショニスタたちは、持っているコートの数が多いため、クローゼットや衣装ケース、タンスに収まり切りません。

そこで、吊るして収納することに向いているコートをクローゼットで収納する際は、ハンガーを上下に連結することができるフックが付いた「連結ハンガー」を使うことで、空きスペースが限られている狭いクローゼットの中を有効活用することができます。また、どこにコートを収納したのか分からなくなってしまう方は、透明窓が付いたジャケットカバーに入れてコートを色別に分けて収納すると、コーディネートに合わせて着て行きたいコートを選ぶことができるようになります。

畳んで収納することに向いているコートの場合、キレイに畳んだ後に圧縮袋へ入れてペシャンコにするとかさばらずにコートをたくさん衣装ケースや収納ボックスに詰めることができます。もし、厚みのある生地で畳むことが難しいときは、袖を内側に折り畳み、コートの裾からクルクルっと太巻きを作るように巻いてリボンで留めると、見た目も可愛いうえにコンパクトに収納することができます。


まとめ

かさむコートの収納方法とオススメの収納場所についてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

もし、コートの数が多すぎてクローゼットや衣装ケース、タンスから溢れてしまった場合、突っ張り棒やハンガーラックを使って、押入れを簡易クローゼットへと変身させて、コートの収納場所を確保されてはいかがでしょうか。

そろそろ衣替えを始めようとお考えの方は、秋冬お世話になったコートをクリーニングに出し、タグに記されている素材ごとに適した収納方法と場所で大切に保管するようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。