冬に洗濯物が乾かないときの対処法

冬に洗濯物が乾かないときの対処法洗濯物が乾きにくい梅雨の時期や冬の時期は、夕方の天気予報士さんが発表する「洗濯指数」を参考に洗濯物を洗う量を決めているという方もたくさんいるのではないでしょうか。

洗濯指数とは、気温・温度・風速・日射量などを基に算出される洗濯物の乾きやすさを表した数値なのですが、いつも見ている天気予報では「よく乾く」と表示されていたのに、他局の天気予報では「乾きにくい」と表示されていて、どちらを信じたら良いのか悩みますよね。

特に気温が低いうえに日照時間も短く、水も冷たくなる冬の時期は、各局の洗濯指数がバラつきやすく、乾きやすいのか乾きにくいのか微妙な数値となりやすいため洗濯物を外に干すか室内に干すかで悩んでしまう方も大勢います。

そこで、今回は冬に洗濯物が乾かなかったときの対処法をご紹介します。


スポンサードリンク

換気をよくする

気温の低い冬の時期に外干ししてしまうと、

・濡れた洗濯物から空気を伝って水分が抜けてゆくまでに非常に時間がかかる
・取り込むのが遅すぎると乾いた洗濯物が冷やされてしまう

といったデメリットがあるため、帰宅が遅くなりそうなときや洗濯指数の低い日は、風通しの良い場所で洗濯物を室内干しにするのが良いでしょう。

ただ、洗濯物を室内干しにする場合、いくつか注意点があります。

まず、1つめの注意点は「濡れている洗濯物同士をくっつけないこと」です。

濡れた洗濯物をくっつけた状態で乾かしてしまうと、洗濯物に含まれる水分を上手に発散することができません。洗濯物同士が密着しないようにある程度の空間を設けて干すようにしましょう。

2つめの注意点は「窓際やカーテンレールに干さないこと」です。

干す場所が無いと窓際やカーテンレールにハンガーや洗濯物のピンチをかけてしまう方も多いですが、冬の窓際は非常に湿気が溜まりやすくなっているため、お家のなかで最も洗濯物が乾きにくい場所となっています。

どうしても窓際やカーテンレールに洗濯物を干したい場合は、扇風機やサーキュレーターなどを使って常に洗濯物に風が当たるように工夫すると良いでしょう。

ただし、扇風機やサーキュレーターの風によって窓やカーテンレールの汚れがキレイに洗った洗濯物に付着してしまうことがありますので、干す前に窓とカーテンレールを掃除してから干すようにしましょう。

3つめの注意点は「窓を開けること」です。

濡れた洗濯物を干しているお部屋を閉め切った状態にしてしまうと空気の流れがほとんど生まれず、洗濯物が乾きにくくなります。

扇風機やサーキュレーターの風邪を直接洗濯物に当てて人工的に風を生み出すのも良いですが、お家に人が居るときは、窓を2か所以上開けて換気した方がお部屋に湿気が溜まらず、臭いの発生も抑えることができます。


スポンサードリンク

厚手のものは逆さまに


寒い冬を乗り切るためにはフード付きの洋服や長袖など厚手のものは欠かせませんが、こうした厚手のものは他の衣類と比べると非常に乾きにくいため、多少汚れていても2、3日は連続で着てしまうという方もたくさんいます。

しかし、汚れた衣類を連続して着るのは衛生的に良いとは言えません。

そこで、汚れてしまった厚手のものを通常よりも早く乾かすコツをご紹介しましょう。

厚手のものを早く乾かすコツ

その1.逆さまに干す

フード付きの洋服や長袖を他の衣類と同じ方法で干してしまうと、フードや袖の部分が洋服の背面や側面に重なってしまうため乾きにくくなってしまいます。

そこで、フード付きの洋服や長袖は逆さまにして干すとフードや袖の部分が背面や側面に重ならなくなり、まんべんなく風や太陽の光を当てることができるようになります。

その2.裏返して干す

生地の縫い目が二重になっている部分は、薄手のTシャツであっても非常に乾きにくい場所です。

そのため、厚手や薄手問わず、冬の時期は衣類を裏返して干すことで通常よりも洗濯物を早く乾かすことができます。

ちなみに乾かしている途中で何度か洗濯物を表と裏を交互に返す作業を入れることで更に早く乾かすことができるようになりますので、「洗濯した洋服を明日どうしても着たい!」という方は、是非お試しください。


まとめ

冬に洗濯物が乾かなかったときの対処法についてご説明させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。

・風通しをよくする
・パーカー付きの洋服や長袖は逆さまにして干す
・生地の縫い目やポケットが乾きにくいときは裏返して干す

など、基本的には梅雨の時期や雨の日の濡れた洗濯物の乾かし方とほぼ変わりません。

学校や仕事で毎日忙し過ぎて洗濯物を干す時間が確保できない一人暮らしの学生や社会人、共働きで洗濯物を取り込む時間が遅くなりがちなご夫婦は、洗濯物が乾きにくいと感じたら室内干しを検討されてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。