服から加齢臭が取れない場合の対処法と洗濯のやり方

服から加齢臭が取れない場合の対処法と洗濯のやり方中高年になると体から独特なにおいが発するようになります。

これを「加齢臭」言い、2000年に資生堂の研究チームが中高年から発せられる独特な脂臭くて青臭いにおいの原因物質が不飽和脂肪酸の1種である「ノネナール」であることを発見し、ノネナールが原因で起こる体臭のことを「加齢臭」と名付けたことがきっかけで世間に広まった中高年特有の体臭のことです。

私たちは40歳を過ぎたあたりから皮脂腺より「9-ヘキサデセン酸」と呼ばれる脂肪酸が大量に分泌されるようになり、この脂肪酸が空気に触れたり、表皮のバクテリアによって発酵してしまうと、ノネナールが生成されてしまいます。

9-ヘキサデセン酸の分泌量は男女問わず、加齢と共に増加して行くのですが、皮脂腺を活発にさせる男性ホルモンが豊富な男性の方が女性に比べるとノネナールが生産されやすいため、「中高年の男性=加齢臭」というイメージが定着してしまったものと考えられます。

加齢臭は「臭いを発している本人には分からないにおい」であるため、気付かないうちに周囲に嫌な思いをさせていないかと心配される方も多く、汗を掻いたらこまめに服を着替えたり、体を洗ったりする男性もたくさんいます。

しかし、加齢臭の原因である皮脂汚れが既に服の繊維奥深くに染み込んでしまっている場合、いくら服を着替えたり体を洗ったとしても、服から加齢臭のにおいが発せられているため、全く効果がありません。

しかも、恐ろしいことに、服に染み込んだ皮脂汚れが服にどんどん蓄積してしまうと、洗濯しても加齢臭を落とすことができなくなってしまうため、40歳を過ぎたら今までの洗濯方法から加齢臭対策に効果的な洗濯方法へと切り替える必要があります。

そこで、今回はもうすぐ40歳を迎える男女必見!服に染み込んでしまった加齢臭をスッキリ落とす洗濯方法をご紹介します。


スポンサードリンク

加齢臭をスッキリ落とすための洗剤選び

服に蓄積された加齢臭の原因となる皮脂汚れをスッキリ洗い落とすためには、皮脂汚れに効果的な洗濯洗剤を選ぶのがポイントです。

加齢臭は中高年の男女から発せられる独特な体臭ですので、体臭対策に特化した洗濯洗剤とそうでない洗濯洗剤では効果に大きな違いが出てきます。

では、加齢臭をスッキリ落とすための洗濯用洗剤の選び方のポイントをご紹介します。

弱アルカリ性

加齢臭の原因である皮脂は酸性の汚れですので、酸性の汚れを中和することができる弱アルカリ性の洗濯用洗剤を使うのがポイントです。

市販の洗濯用洗剤の大半が中性または弱アルカリ性となっていますので、現在お使いの洗剤が中性なのか弱アルカリ性なのかを洗剤裏面に表示されている成分表示を確認してください。

弱アルカリ性でない場合は、お近くのドラッグストアまたはホームセンターなどへ行き、弱アルカリ性の洗剤をお買い求めください。

液体洗剤

洗濯用洗剤には粉末タイプと液体タイプの2種類ありますが、加齢臭対策に適しているのは液体タイプの洗濯用洗剤となります。

なぜ液体タイプの洗濯用洗剤が加齢臭対策に効果的なのかと言いますと、液体タイプの洗濯用洗剤の方が水に溶けやすく、繊維の奥まで染み込んだ皮脂汚れまで浸透し、洗い落とすことができるからです。

さらに、液体タイプの洗濯用洗剤ならば、襟や脇などの皮脂汚れが酷い部分に直接塗布して洗うこともできるのも魅力となっています。

酵素が含まれている

弱アルカリ性の液体タイプの洗濯用洗剤でも十分に加齢臭の原因となる皮脂汚れを落とすことができるのですが、更に効率良く皮脂汚れを落としたい方は洗濯用洗剤の成分表示に「酵素」と記載されているものを選ぶのがポイントです。

洗濯用洗剤に酵素が配合されているものは洗剤の主成分である界面活性剤だけでは落とすことができない頑固な汚れをスッキリ落とす補助的な役割があります。

また、酵素には皮脂や油脂を分解するためのリパーゼという成分が配合されていることが多いので、加齢臭の原因である皮脂もスッキリ落とすことができます。

ただし、成分表示に「酵素」とだけ記載されている場合、どの種類の酵素が配合されているのか分からないため、「皮脂汚れに効果的」や「油分を分解」などの謳い文句が記されているものがオススメです。


スポンサードリンク

皮脂汚れを落とす洗濯方法


加齢臭対策に効果的な洗濯用洗剤を選んだら、次は皮脂汚れを落とすための洗濯方法のコツをご紹介します。

基本的には通常のお洗濯と全く変わらないのですが、

・洗濯物を長時間放置せず、すぐに洗う
・皮脂汚れに効果的な洗濯用洗剤を使用する

ことを守ると、より効果的に加齢臭を服からスッキリ落とすことができます。

また、服を洗っているあいだにお風呂に入るという方は、皮脂の分泌が著しい頭皮、Tゾーン、耳の後ろから首にかけて、胸、脇、背中、おへそ周辺を優しく丁寧に洗いましょう。

より徹底した加齢臭対策を行いたい方は、服を着る前にシャワーを浴びると加齢臭をより効果的に抑えることができます。

お出掛けする際は、汗を掻いたときに皮脂を拭き取るための柔らかい素材のハンカチなどを持ち歩くと服に皮脂汚れが染み込むのを防ぐことができます。


まとめ

加齢臭は40歳を迎えたら男女関係なく発生する体臭ですので、40歳を迎える前から加齢臭対策に効果的な洗剤や洗濯方法を身につけておくと、いざというときにとっても役立ちます。

ですが、加齢臭の原因は乱れた生活習慣や食生活、過度なストレスなどによっても引き起こるため、40歳を迎える前から生活習慣や食生活を正し、運動したり趣味を見つけてストレス発散を心掛けましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。