麦わら帽子の洗濯方法ってあるの!?

麦わら帽子の洗濯方法ってあるの!?夏の帽子と言えば麦わら帽子ですよね。暑い夏に爽やかに決められるので、暑い日差しから頭を守ってくれるだけでなくお洒落にもなります。

そんな麦わら帽子ですけど正しい洗濯方法をご存知でしょうか?夏場にかぶるものなので、汗が染み込んでしまうことを考えるとしっかりと洗濯したいですよね。

しかし、間違った方法で洗濯をしてしまうとせっかくの麦わら帽子をダメにしてしまうかもしれません。そこでこれから麦わら帽子の正しい洗濯方法をご紹介したいと思います。

スポンサードリンク


麦わら帽子の洗濯方法

まず麦わら帽子は3つの部分に分類することができるのをご存知でしょうか?

どのように分類するのかと言うと、

・麦わらに編んである部分
・リボン
・内側にある汗止め部分

この3つに分類します。それでは分類したところで洗い方をご説明していきます。

まずは麦わらに編んである部分の洗い方からです。

最初にあらかじめ歯ブラシを用意しておき、その歯ブラシでホコリを落とします。次に薄めた中性洗剤をつけたタオルで麦わら帽子全体を軽く拭きます。そして今度は水につけただけのタオルで潜在を落とします。最後に乾燥させて終わりです。

もしも水洗いがNGな天然素材や紙素材の場合は、中性洗剤を使わず消臭スプレーを使いましょう。

次に汗止め部分の洗い方です。こちらは帽子の内側にあり、肌に直接触れる機会が多い部分となるのでとても汚れやすくなっています。

とはいえこの部分を洗うのは案外簡単です。まず歯ブラシでホコリを落としたら濡れタオルで拭き取って終了となります。

たったこれだけで綺麗になるのかと思うかもしれませんよね。汚れやすい汗止め部分ですが、汚れの原因はほとんど汗なので水だけでも簡単に落とせてしまうんです。

もしも黄ばみなどがある場合には薄めた中性洗剤をつけたタオルを固く絞って拭き取りましょう。また、このとき水洗いがNGな麦わら帽子だった場合は、なるべく麦わらの部分に触れないようにしましょう。触れてしまうとその箇所が変色してしまう恐れがあるからです。

スポンサードリンク


来年型崩れしない保管方法


麦わら帽子の汚れをしっかり落としたら今度は保管です。とはいえ雑に保管してしまったら来年かぶるときに型崩れしてしまっている恐れがあります。来年の夏も気持ち良くかぶるためにも保管方法はしっかりと覚えておきましょう。

まず麦わら帽子を保管するときは、帽子の中に詰め物をします。これは保管している間に麦わら帽子が型崩れしないようにするためです。丸めた新聞紙か何かで問題ありません。

次に不織布を帽子にかぶせます。かぶせておかないと次に使うときホコリまみれになってしまっているかもしれないので忘れずに行ってください。

そしていよいよ保管するのですが、その場所は風通しが良く日陰のところにおくようにしましょう。陽の光が当たると変色してしまう可能性があるので気を付けてください。また、麦わら帽子はカビが発生しないためにも必ず乾燥させてなおかつ風通しの良いところに保管するようにしましょう。

麦わら帽子を保管するときはこのようにけっこう気を遣う必要があります。来年また使うためにも保管方法はしっかり守るようにしてください。

そしてもしも箱などの中にしまう場合は過重で型崩れしないように気をつけましょう。


まとめ

麦わら帽子は洗い方と保管方法、共に気を遣う帽子です。適当な扱いをしていると変色や型崩れなどで一気に見栄えが悪くなってしまうでしょう。

次の夏も綺麗に使うためにも洗い方、保管方法共に気を遣いましょう。今回ご紹介させていただいた方法を守れば、必ず麦わら帽子を綺麗に来年まで保管することができるはずです。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。