クリーニング屋さんの毛玉取りブラシのクチコミ評判と楽天での価格とは?

クリーニング屋さんの毛玉取りブラシのクチコミ評判と楽天での価格とは?どんなに大事に扱っても衣類のあちらこちらに出来てしまう「毛玉」は、秋冬のオシャレに欠かせないニットやトレーナー、春先の防寒対策にピッタリなカーディガン、夏を快適に過ごすための定番アイテムとなっているTシャツなど、1年を通して様々な衣類にできてしまうため、非常に厄介な存在となっています。

毛玉は衣類の風合いを損ねるため、見つけたら指でつまんでプチプチと取り除いたり、電動の毛玉取り器でバリバリと刈り取ってしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、毛玉は繊維が玉状になったものですので、指でつまんで取り除いたり、電動の毛玉取り器でバリバリと刈り取ってしまうと、衣類を構成している繊維にダメージが及んでしまうため、通常よりも衣類の寿命が短くなってしまいます。

そこで、今回は『どのように毛玉を取り除けばよいのか』と困っている方にオススメの毛玉取りアイテム「クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ」をご紹介します。


スポンサードリンク

クリーニング屋さんの毛玉取りブラシとは


クリーニング屋さんの毛玉取りブラシとは、クリーニング屋さんがお客さんから預かった大切な衣類に出来てしまっている毛玉を取るために歯ブラシを使ってみたら驚くほどキレイに毛玉が取れたのをきっかけに、誕生したブラシです。そのため、クリーニング屋さんの毛玉取りブラシには、洗濯のプロであるクリーニング屋さんの知恵がギッシリと詰まっており、衣類の繊維を痛めることなく、毛玉を取り除くことができます。

クリーニング屋さんの毛玉取りブラシには、外側に頑固な毛玉をごっそりと絡め取ってくれるハードな猪毛、内側に優しく毛玉をキャッチして繊維を整えてくれるソフトな豚毛が植え込まれており、この2つの異なる性質を持つ毛によって、衣類の繊維を傷めずに優しく毛玉が取り除かれているのです。

また、クリーニング屋さんの毛玉取りブラシは、プロでなくても衣類の毛玉をキレイに取り除くことができるよう、握りやすいグリップ形状をしており、この形状に合わせてブラシを持つことで、誰でもクリーニング屋さんのように毛玉をごっそりと取り除くことができるようになっています。


スポンサードリンク

クリーニング屋さんの毛玉取りブラシの気になるクチコミ


洗濯のプロであるクリーニング屋さんの知恵と技が取り入れられた「クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ」ですが、『本当に素人でも毛玉をゴッソリと取り除くことができるのか心配』『素人でも生地を傷めずに使えるのかな』などの不安や心配をされている方も多いのではないでしょうか。

そこで、実際にクリーニング屋さんの毛玉取りブラシを使用されている方のクチコミをまとめてみました。

良いクチコミ

・使ってゆくうちにブラシの毛先が馴染んできて、スイスイ取れるになった。
・ゴワゴワだったニットも手触りがふんわりと柔らかな状態へと元通りになった!
・ウール100%のカーディガンの毛玉がゴッソリ取れた。
・使い慣れるまでは大変でしたが、慣れればとっても使いやすいブラシとなります。
・毛玉を取っても取った場所の生地が薄くならないので嬉しい。

悪いクチコミ

・力を入れずにブラッシングすると説明書に書いてあるけど、ゴシゴシ強く擦らないと毛玉が取れない。
・素材によって毛玉が取れるものと取れないものがある。
・劇的に毛玉が取れる…ということは無かった。
・コツを掴むまで毛玉がなかなか取れない。

まとめ

いかがでしたか。『何度挑戦しても上手に毛玉が取れない』『期待以下』『完璧を求める方にはオススメできない』などの悪いクチコミを多々ありますが、繊維の種類によっては毛玉を取り除くことができない場合もあり、特に化学繊維の衣類に出来てしまった毛玉を取り除くのは不向きとなっています。また、毛玉を上手に取るためのコツとして、

①衣類を平らなところに広げて置く。
②ブラシを持っていない方の手で衣類を押さえながら、ブラシの毛先に毛玉を引っかけるように編み目に沿って平行にブラシを動かす。
③少しずつ場所を換えながら①と②を繰り返し、仕上げに手のひらでポンポンと優しく押さえて生地を整える。

この手順でブラッシングをすると、キレイに毛玉を取ることができます。

クリーニング屋さんの毛玉取りブラシは楽天市場にて1本2,000円(税抜)で購入することが可能となっていますので、興味のある方は是非この機会にお取り寄せしてみてはいかがでしょうか。

クリーニング屋さんの毛玉取りブラシ

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。