ゴキブリホイホイにゴキブリが掛からない場合の注意点とは?効果範囲や設置期間とは?

ゴキブリホイホイにゴキブリが掛からない場合の注意点とは?効果範囲や設置期間とは?これからゴキブリが活発に動き回る季節がやってきますが、皆さんのお家ではどのようなゴキブリ対策を行っていますか。

「ハーブやアロマを使って事前予防」「市販の殺虫剤で退治」「外出中に燻製剤を焚いて撃退」など、人によって異なりますが、なかでも1970年代に誕生したポップで可愛らしいデザインの「ゴキブリホイホイ」は、今もなお多くの日本人から愛されているロングセラーのゴキブリ退治アイテムとして人気を集めています。

ですが、ゴキブリホイホイ利用者の中には「ゴキブリが全く掛からなくて困っている」「ゴキブリホイホイを設置したらゴキブリが頻繁に現れるようになった」といった意見もあり、ゴキブリホイホイは他のゴキブリ退治アイテムと比べて効果が薄いという口コミを見かけることが多々あります。

そこで、今回はゴキブリホイホイにゴキブリが掛からない場合の注意点についてご説明します。


スポンサードリンク

ゴキブリホイホイでゴキブリを捕まえる際の注意点

ゴキブリホイホイでゴキブリを捕まえるためには、

・ゴキブリが入ってくれるように設置場所を厳選する
・使用期限を守る
・使用するゴキブリホイホイのメーカーや種類をこまめに変える

ことがポイントになります。

ゴキブリが入ってくれるように設置場所を厳選する

ゴキブリは暗くジメッとした狭い場所を好む習性がありますので、ゴキブリたちにゴキブリホイホイに入ってもらうためには、

・冷蔵庫の下
・キッチン周辺
・お風呂場

などに設置するのがオススメですが、ゴキブリは壁に触角を当てながら動き回る昆虫ですので、壁際に設置すると入ってくれる確率が上がります。

ただ、ゴキブリは稀に予想だにしていなかった場所から出現することもありますので、他に気になる場所がある場合はそちらにも設置しておくと良いでしょう。

使用期限を守る

ゴキブリホイホイは未使用であれば、数年経過していても使用することは可能と言われていますが、開封後は時の流れと共に粘着力の低下や粘着面にゴキブリ以外のものが付着している可能性もありますので、1ヶ月に1回のペースで交換するようにしましょう。

使用するゴキブリホイホイのメーカーや種類をこまめに変える

ゴキブリはとても頭が良く、仲間同士で情報を共有することができる賢い昆虫ですので、いつも同じメーカーのゴキブリホイホイを設置していると、ゴキブリたちは設置されているのがトラップであることを知っており、なかなか入ってくれません。

これからもゴキブリホイホイを使ってゴキブリを捕まえたいという方は、こまめにゴキブリホイホイのメーカーを変更するのがオススメです。

様々なメーカーのゴキブリホイホイを使用することでゴキブリたちも耐性がつきにくくなり、高確率で捕まえることができるようになります。


スポンサードリンク

ゴキブリホイホイを設置するタイミングは?


ゴキブリホイホイはゴキブリを捕まえるためにゴキブリが好む臭いを発しているため、設置しているお家には自然とゴキブリが集まってきてしまいます。

そのため、ゴキブリホイホイを設置する前よりも設置した後にゴキブリを頻繁に見かけるようになったという方も大勢います。

実はゴキブリホイホイは、お家の中でゴキブリを発見したものの退治することができずに取り逃がしてしまったときに使用するためのものですので、常時設置してしまうと屋外で生活しているゴキブリを呼び寄せてしまい、大変なことになってしまう恐れがあります。

もし、ゴキブリホイホイを常時設置したいという方は、家の中ではなくベランダや庭などに設置してゴキブリを捕まえるようにしましょう。


まとめ

いかがでしたでしょうか。

これまでゴキブリホイホイは他のゴキブリ駆除アイテムと同じく、ゴキブリシーズンが来たら設置しておけばよいと思っていた方も多かったのではないでしょうか。

ゴキブリホイホイはゴキブリが好む臭いを発することで捕獲するための駆除アイテムですので、ゴキブリを発見して取り逃がしてしまったとき以外に使用すると屋外で暮らしているゴキブリたちも臭いに誘われて家の中に侵入してきてしまいます。

ゴキブリホイホイを使用する際は、必ず家の中にゴキブリが現れた際、取り逃がしてしまったときだけ設置するようにし、あとは大切に保管しておきましょう。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。