一人暮らしの部屋は汚い!?最低限綺麗にしておきたい場所とは

一人暮らしの部屋は汚い!?最低限綺麗にしておきたい場所とは大学生になると一人暮らしを始める人が多いでしょう。基本的には大学が実家から遠いからといった理由となりますが、中には一人暮らしがしてみたかったという理由だったり人それぞれ様々な理由があります。

しかし、理由はどうあれ一人暮らしを始めるとなると自分のことは全て一人でやらなければいけなくなりますよね。掃除や洗濯、人によっては自炊もするでしょう。そうなるとどうしても部屋の掃除というものは面倒くさくなって疎かになりがちです。

特に男性の一人暮らしは部屋が汚くなる傾向が強いようです。ですが、やはり汚いままは良くないのである場所は最低限綺麗にしておきましょう。

それではこれからその最低限綺麗にしておきたいある場所についてなどご紹介させていただきます。


スポンサードリンク

ここだけは綺麗にしたいとことは

一人暮らしだとどうしても部屋が汚くなりがちです。かと言って全てを綺麗にするのは大変かと思います。そのため最低限『生活部屋』は綺麗にしておきましょう。普段からよくいるメインの部屋のことです。良くいる場所なので綺麗にしておけば人を招いたときにも多少はマシになります。

綺麗にするときはまずいきなり掃除機をかけずに邪魔なものをどかしてからにしましょう。床に物が散乱していては掃除機をかけずらくなります。物置き場を作ってそこにまとめて掃除機をかけましょう。そして日頃から床に物を置かないように習慣づけることで再び部屋が汚れるのを防ぎましょう。

ホコリを取る時は雑巾で拭いても良いし、ハタキでホコリを床に落として掃除機で吸い取ったりと自分のやりやすいやり方でやってしまいましょう。このときマスクをしている方が衛生上良いので出来ればマスクを着用しておきましょう。

また、掃除をするときは小物があると邪魔になるかと思います。いちいちどけて掃除をするのはなかなか大変なことです。そのため掃除のときは先に小物をひとまとめにしましょう。それかそもそも小物自体をなるべく部屋に置かないようにしておけば部屋を掃除するのが簡単になります。


スポンサードリンク

綺麗に見える収納方法

一人暮らしを始めればわかるのですが、意外と物を収納する場所があまり無いことに気づきます。それが部屋を汚くする原因にもなりえるのです。

それではどうすれば良いかと言うと、単純な話ですが収納スペースを増やしてしまえば良いのです。しかし、部屋を綺麗にしようと思うからなかなかやる気が出ないかと思います。そこでインテリアを楽しむように収納スペースを増やすようにしましょう。

部屋の雰囲気にあうカラーボックスなどの収納できるものを用意すると、楽しむながら部屋を綺麗にすることができます。このとき収納できるものは、たくさん物を入れるために出来るだけ容量の大きいものにしておきましょう。

もしもそれでも収納しきれないと言うのであれば、それは物が多すぎるということになります。捨てるという行為はけっこう決断を迫られる作業なのですが、思い切って捨てるときは捨てるようにしましょう。

半年以上触らないものは基本的にそれ以降も利用する機会が無いのでいつまでもとっておかないで捨ててしまえば部屋が綺麗になります。


まとめ

一人暮らしの部屋はどうしても汚くなりがちです。しかし、だからと言って部屋の全てを汚いままにしておくのは衛生上良くないですし、一を招くのに抵抗が出てきてしまいます。

そうならないためにも少なくとも普段良く使うメインの部屋だけでも綺麗にしておきましょう。今回ご紹介させていただいた方法を試していただければ部屋は綺麗になるはずなので、是非試してみて部屋を綺麗にしてください。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。