扇風機をコンパクトに収納するための方法と場所をご紹介!

扇風機をコンパクトに収納するための方法と場所をご紹介!サウナのように蒸し暑い日本の夏を快適に乗り切るためにはエアコンを利用するのが1番ですが、電気代や冷え過ぎによる体調不良が心配だという方も多いのではないでしょうか。

そんなときにたいへん重宝するのが「扇風機」です。

実は扇風機とエアコンを併用して使うことで電気代がお得になり、冷え過ぎによる体調不良を防ぐことができると言われており、今では一家に一台は必ずあるマストアイテムとなっています。

ただ、扇風機はメーカーによって風力や消費電力、電気代、サイズなどが大きく異なりますので、扇風機を購入する際は用途に合わせて選ぶ必要があるのですが、なかでも特に気を付けなければならないのが「サイズ」です。

日本の住宅は収納スペースが狭いため、サイズを考えずに扇風機を購入してしまうと、扇風機を片付ける際に収納場所に困ってしまうことが多々あります。

そこで、今回は狭い収納スペースにスッポリ収まるコンパクトなオススメ扇風機と夏のあいだお世話になった扇風機をコンパクトに収納するための方法と場所をご紹介します。


スポンサードリンク

おすすめのコンパクトな扇風機のご紹介

扇風機にはクリップ型や卓上型、サーキュレーターなど様々なタイプがありますが、日本で最も多く利用されているのが、リビング型と呼ばれる大型で高さのある扇風機です。

リビング型の扇風機は使い勝手が良く、様々なメーカーから出されているためお手頃な価格で購入できるのが魅力となっているのですが、その反面リビング型の扇風機の特徴である丸く大きなガードが付いたプロペラ部分と細い支柱を支えるための大きな土台は収納する際にとても邪魔になってしまいます。

そんな収納に不便な扇風機ですが、最近では三菱や山善、ダイソンなどの家電メーカーから「コンパクト」や「収納」を売りにしたリビング型の扇風機が続々と発売されており、主婦のあいだでたいへん話題となっているのですが、そのなかでも特に安くてオシャレな家電製品を販売しているドウシシャより発売されている収納に便利なコンパクト扇風機は「かゆいところまで手が届く」「収納に便利」「見た目が可愛いのでインテリアとしても役立つ」とたいへん人気を集めています。


スポンサードリンク

一般的な扇風機をコンパクトに収納するためのポイント


「コンパクト」や「収納」を売りにした扇風機を購入するのも良いですが、できれば現在使っている一般的なリビング型の扇風機をコンパクトに収納したい方も大勢いると思います。

扇風機の主な収納方法は、

・扇風機専用のカバーをかけて押し入れや納戸に収納する
・分解してプラスチック製の収納ケースを利用する
・収納せずにそのまま使い続ける

などが定番となっているのですが、専用のカバーをかけて押し入れや納戸にしまうと無駄なスペースができてしまいますし、プラスチック製の収納ケースへ入れて収納してしまうと何処にしまったのか分からなくなってしまうことがあります。

やはり一般的なリビング型の扇風機はコンパクトに収納できないのかと思った方も多いと思いますが、1つだけ一般的なリビング型の扇風機をコンパクトに収納する方法があります。

それは、購入した際に扇風機が入っていた箱を活用することです。

最近のリビング型の扇風機は組み立て式のものが多いため、購入時の箱に入れることで押入れの天袋や納戸の狭いスペースにもスッポリ納めることができます。扇風機の箱を捨ててしまったという方は、扇風機をしまわずに冬の間も活躍してもらうのがオススメです。

実は扇風機はエアコンの冷気だけではなく、暖房器具で温められた空気を循環させて室内の温度を上げることができるため冬場の節電に貢献してくれる便利な家電でもあるのです。


まとめ

これまで不要だと思っていた扇風機の箱がコンパクトに収納するための便利アイテムだということを知ってたいへん驚かれた方も多いと思います。 もし扇風機の箱を捨ててしまったという方は、オシャレな扇風機専用の不織布カバーを被せてインテリアとして飾ったり、狭い収納スペースにもスッポリ収まる折り畳み可能な扇風機を購入されてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。