クーラーが冷えない原因とは!?

クーラーが冷えない原因とは!?クールBIZだなんだと室温を28度に設定してみると一向に部屋が冷える気配が無い!そこで思い切って21度に設定するも、なかなか冷えない。スウィング機能がOFFになっていたかな?と思ってスウィングをさせてみるとほのかに冷えたような・・・。

しかしそれは部屋の中の空気が一瞬、かき回された為に感じるもの。クーラーによるガツンとした冷却がどうも得られないとき、クーラー壊れたかな?と思ってしまいますよね。

最新のクーラーだと室温がパネルに表示されていて分かりやすいのですが、旧式のものだと「何が指示されているのか」は送風口に手をあてて確認。で、希望の通りの風が出ないと「何か間違っているのかも」とピッピッピとボタンを繰り返し押す・・そんな事もありますね。

しかし、クーラーが冷えない時、それはボタンの押し間違いでも故障でも無い可能性があります。意外な理由と単純な理由を解消することで冷えるクーラーになりますよ。


スポンサードリンク

クーラーが冷えない原因

クーラーが冷えない原因はズバリ!汚れによる事が多くの原因の一つです。空気の出し入れと冷却機能によって冷たい空気を送り出すクーラーはフィルターやファンがホコリなどで汚れていると風の通りが悪くなり、クーラーが効かなくなるんです。

最近のクーラーはお掃除機能がついているものが多いのですが、完璧に掃除してくれるわけではありません。また、内部までしっかり掃除してくれるものはまだまだ少数。

つまり、どんなクーラーであっても掃除は必要。というわけなのです。クーラーが冷えないと思ったらまずはフィルターなどの汚れを疑ってみましょう。

次にチェックしたいのが室外機です。室外機は外にあるものですが、室外機の排出口が何かで遮られる状態であったり、密閉された場所に置かれていたり、直射日光が常時当たっていて熱かったり、それぞれ熱を放射する力が弱くなる状態だと、これもクーラーが効きづらくなる条件の一つなので、直射日光が当たらないような工夫や、排気口に物を置かないなど工夫してみて下さい。

そして最後に「冷媒ガス」の漏れです。これは購入当初から効きづらいなどの場合に設置ミスなどが原因で考えられる理由です。利用中にこれが原因だったとしても、あまり素人が手を出す領域ではありません。ガスの計測器のような物が必要です。

一つの目安としてはクーラーが(掃除などを施しても)効きづらく、霜が内部や、室外機のホースにくっついている場合にガス漏れが疑われますので見てみてくださいね。


スポンサードリンク

普段からのお手入れ


クーラーを使い出す前にお手入れすることをお勧めします。フィルターの掃除はもちろん、出来ればファン内部まで綺麗に掃除をして欲しいと思います。もちろん、業者にお願いするのも良いのですが、頑張れば変な臭いが無くなるくらいまでは綺麗になりますよ。

内部でクルクル回っているファンはカビなどがこびり付いています。これが臭いの原因。布に湿らせる程度にアルコールをかけ、ファンの一枚一枚の隙間をゴシゴシやってみてください。下から見上げて掃除をしますので、目、鼻、口のガードと、ゴシゴシやると黒いカスが下に落ちますので新聞紙などを敷くのをお忘れなく。

また、ファンの外側にある、冷却フィン(熱交換器)は水で濡らすと壊れる可能性があるので、ホコリを掃除機で吸い取り、専用のスプレーで洗浄します。これらの掃除を利用前にやっておけば、ワンシーズン中は1週間に1回のフィルターの掃除だけでOK!


まとめ

どんなに掃除をして、手入れをしても電化製品には「寿命」があります。

掃除、手入れ、室外機、ガス充てんなどの疑わしい点が見当たらない時、および、耐久年数をオーバーしている時は買い替え時かもしれません。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。