水垢がシンクに!?その落とし方とは

水垢がシンクに!?その落とし方とは“主婦の戦場”と呼ばれているキッチンのなかで、もっとも重要な役割を担っているキッチンシンク。

キッチンシンクとは、日本語で「台所の流し台」のことを指しており、調理に使用する食材を洗ったり、食材の皮や切れ端などを捨てたり、汚れた食器類や調理器具を洗う場所でもあります。

そのため、コンロや換気扇などと比べて、水分が豊富で栄養満点なゴミもたくさんあるので、カビや雑菌の温床となりやすく、こまめに掃除をしないと食材に雑菌が移り、食中毒を起こしてしまう危険性があります。

また、シンクは水をたくさん使う場所でもあるため、ウロコのような白い水垢汚れがこびりついて見栄えが悪くなってしまったり、気持ちの悪いヌメリ汚れまで出てきてしまいます。

そこで、今回はキッチンシンクを清潔に保つための汚れの落とし方をご紹介します。


スポンサードリンク

シンクについている水垢の落とし方

[必要なもの]
・クエン酸
・サランラップもしくはキッチンペーパー

[手順]
①水1カップにクエン酸を小さじ1/2杯加えてクエン酸水を作ります。
②①をスプレーボトルに入れ、キッチンシンクにまんべんなく吹き掛けてゆきます。
③1時間から2時間ほど放置し、流水でキレイに流したら掃除完了です。

[ポイント]
・なかなか水垢が落とせない場合は、クエン酸水を吹き掛けた後、上からサランラップやキッチンペーパーを貼り付け、30分ほどパックしてください。かなり酷い水垢汚れの場合は、半日ほどパックをすると目立たなくなります。

・クエン酸が無い場合は、お酢、レモンやオレンジなどの柑橘類の皮、大根、リンゴの皮などを使って擦るのがオススメです。

水垢汚れは「アルカリ性」の汚れになりますので、クエン酸水を使うことで汚れを落とすことが出来ますが、食品などの油汚れや生ゴミなどによる臭いなど「酸性」の汚れを落とすことはできませんので、ご注意ください。


スポンサードリンク

水垢を防止する方法


キッチンシンクを清潔に保つためには、こまめに掃除をすることです。

水垢汚れは、水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのプラスイオンと、同じく水道水に含まれる塩素のマイナスイオンが結合することで生じるアルカリ性の汚れです。

このアルカリ性の汚れは、こまめに掃除することで蓄積されるのを防ぐことができますので、ナイロンタワシを使って1日1回掃除をすることで水垢が付着するのを防ぐことが可能です。

オススメの掃除タイミングは、晩ごはんの後片付けをした後です。

ナイロンタワシは、細かな汚れを取り除くことができるうえ、調理器具や食品などから出る油汚れも逃さずキャッチすることができますので、水垢汚れと油汚れを同時に防ぐことができます。

ただし、ナイロンタワシで掃除した後は、必ずキレイな雑巾で乾拭きし、シンクから水気をしっかりと拭き取ることを忘れてはいけません。

また、ナイロンタワシで掃除後のシンクには、何も残さないことがポイントとなります。

シンクのなかに三角コーナーや紙パックなどが置いてあると、ヌメリ汚れや余計な汚れが付着してしまうため、せっかくキレイに掃除をしたシンクに雑菌が住みついてしまいます。


まとめ

シンクの水垢汚れの落とし方についてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか。

キッチンシンクを清潔に保つことは、家族の健康を守ることにもつながりますし、シンクの寿命を長持ちさせることもできます。ただし、シンクに使用されている素材によっては、今回ご紹介させて頂いた水垢の落とし方ができない場合もありますので、クエン酸やお酢などを使用する前に1度シンクの素材を調べておくことをオススメします。

スポンサードリンク

コメントは受け付けていません。